ブラウン|BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック の詳細・購入ページ




2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
ONLINE STORE 定休日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
ONLINE STORE 定休日

 
BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック
BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック

BRAUN | Alarm Clock BNC002 アラームクロック

code:br_e1072
brand:ブラウン
price

4,800

円 (taxin

5,184

円)
info
point155 pt
qty

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
ブラック
ホワイト
カートへ入れるすぐに購入

SPEC / 仕様 ---
材質:プラスチック
サイズ:W57mm H57mm D27mm
仕様:アラーム機能(ドイツ製ムーブメント)、単3電池×1で作動
備考:正規輸入品、保証書付

SHIPPING / 配送 ---
納期:通常1〜3日
備考:売り違いによる欠品時にはお時間をいただく場合がございます。


ドイツの家電メーカーBRAUN(ブラウン)のアラームクロックBNC002です。
人間工学に基づいたシンプルで機能的なデザインで、世界を牽引したブラウン社のアラームクロックです。
1987年にデザインされ、ニューヨーク近代美術館MOMAの永久展示品に選定された名作「AB1」をベースに再現されています。
今回の復刻でコレクターに人気の高い「ホワイト」も復活しました。
視認性を考慮された色使い、読みやすい文字盤、使いやすいアラームスイッチのデザインなど、これぞ機能美。同社の使うことに対する真摯な姿勢を随所に垣間見ることが出来ます。
コンパクトなフォルムは、旅行などの際のトラベルクロックとしても活躍してくれる、アラームクロックの定番です。
当時巨匠ディートリッヒ・ルブスがデザインを担当したまさに名作です。


BRAUN(ブラウン)
BRAUN:ブラウン
ドイツ・フランクフルトの郊外に位置するクロンベルグで、1921年誕生した80余年間世界のファンを魅了し続けるドイツデザインのリーディングブランド。 その魅力は、人間工学の模範とも言われる優れた機能性とデザイン性で、一切の無駄をそぎ落として生み出されるシンプルなデザインは、ブラウンならではの独創的な機能美がある。
特にディター・ラムズやデートリッヒ・ルブスのデザインした製品は世界各国でデザイン賞を受賞し、ニューヨーク近代美術館のコレクション入りをするなど高い評価を受けている。また、全ての製品を自社工場で生産するという品質に対するこだわりもブラウンならではである。
Dietrich Lubs : ディートリッヒ・ルブス 1938年ドイツ、ハンブルグ生まれ。船舶造形技師を目指す傍らブラウン社に勤務するが、製図技術が認められ1962年にブラウン社のプロダクトデザイン部に配属となる。
1971年クロック部門のチーフデザイナーとなり、クロック・電卓部門のデザインを数多く手掛ける。1976年に発表した電卓『ET22』は、人間工学的デザインの見本として絶賛を受ける。
1995年ブラウン社のチーフデザイナーに就任。ブラウンのポリシーを象徴するクロック類の殆どを手掛け、優れた機能性と普遍的なデザインを生み出した。その偉大なる功績は、十数年たった現在も多くの人々を魅了し続けている。
Dieter Rams:ディターラムズ
1932年ドイツ、ヴィースバーデン生まれ。ヴィースバーデン工芸美術学校卒業後、1955年ブラウン社デザイン部門のチーフデザイナーに就任。
機能性を全面に押し出したシンプルなデザインを基本とし、ブラウンの様々な製品デザインを手がけ歴史に残る数々の名作を生み出した。ブラウンを退社後も、ベルリンの首相官邸にラウンジチェアが採用されるなど、多数のプロジェクトに参加している。